中小企業家同友会マーク 東京中小企業家同友会文京支部 お問い合せ・入会申込
トップページ 支部のご案内 活動紹介 活動報告 会員紹介 インタビュー 幹事会報告 資料ダウンロード 活動アルバム
 
インタビュー


【会員インタビュー】2011年9月の人
掲載日:2011/10/6
サムネイル ぼく・・・この頃太りすぎちゃって・・・写真紹介は、しばらく控えさせてください。今回は犬の写真でご勘弁ください。

さて、「9月の人」って誰でしょうか?
有限会社ビジュアルコミュニケーション
創業者(29歳で創業)
代表 機谷 忠成 氏
事業内容:パソコン、インターネットに関連するコンサル・サポート。主に裏方業務。
従業員:3名
お客様:中小・零細企業、特に開業医が多い

創業までのプロセス:
大学2年、19歳の時父親が急死。
お父様は、東大阪で袋物製造卸業(カバン、財布、ノベルティ等)を営んでいた。将来は家業を継ぐ予定だったが、父親の急死で、大学を辞め事業継承するか、事業を清算し大学生活を続けるか、急きょ選択をせざるを得なくなり、円高の影響で事業が厳しい状況だったこともあり、事業継承せず大学生活を継続しサラリーマンに。
具体的にやりたいこと、やりがいが見つけられないまま24歳の時思いたち東京へ。独立前の会社でインターネット関連に携わり、自分に向いていると実感する。
29歳で結局父と同じく独立の道へ進む決断をし、インターネットやパソコンのサポート・コンサル業務として開業。
気がつけば10期を迎える。顧客は0からのスタートで苦労したがなんとかやってこれたと感慨深い。

●どんな経営者になりたいか
社内で仲良く、楽しく、やりがいがある環境を維持できる会社。
企業規模を大きくすることが大事ではなく、少人数で中味濃く活動をしていく企業へ。
できる限り自らも第一線で働き続けたい。

●インターネット業界
価格競争で値段が下がり、モラルの低下等で業界は厳しくなる一方。

●社長の性格 
慎重なのに、決断したらすぐ行動

●困っている事
1.仕事
世の中の景気が悪い。予算がつかない。予算が削減される。
経営者の決断がおそくなっているため、思うように仕事が進まない。
2.個人
体重が増えたので元に戻したい。
バーを起動にのせたい。

●同友会入会のきっかけ
仕事で騙された、裏切られた等同時期に重なり、そろそろどこかに所属して勉強しよう、人付き合いのこつを見つけようと思ったから。

●同友会への期待
特にどうしてもらうという期待はないので、自分なりに何かを得られるよう行動する。

●趣味
テニス
テニスクラブに所属。週に1回はテニスをやる。
好打が決まった時の走快感がいい。スカッとする。

●夢
早期リタイヤ
目標は10年後の49歳
身体の動くうちに子どもといっしょに遊びたい。

●今興味がある事
1.日本の景気
2.原発問題
 

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6



ページを移動 》 | 123456789| 10| 11121314


Copyright(C)2005 東京中小企業家同友会 文京支部