中小企業家同友会マーク 東京中小企業家同友会文京支部 お問い合せ・入会申込
トップページ 支部のご案内 活動紹介 活動報告 会員紹介 インタビュー 幹事会報告 資料ダウンロード 活動アルバム
 
活動紹介


【文京支部長】2017年度活動方針 新井支部長
掲載日:2017/4/15
サムネイル 新井支部長

2017年度スローガン
広げよう「経営に向き合う」仲間の輪
文京支部 2017年度 活動方針

支部長 新井庸義

同友会の目的である「よい会社」「よい経営者」「よい経営環境」を実現するために、文京区の魅力を生かした活気ある支部活動を行い、会員同士の積極的な参加意識と新たな仲間づくりを目指します。
文京区は20〜40代の住民が増えているので、若手経営者が参加しやすい環境づくりや、世代を超えた交流ができる支部運営を行うとともに、区内に19の大学があるのでその特徴を生かした大学や学生との情報交換、更には区内の他団体とも積極的な交流を推進します。
また、組織運営を円滑に行うことと幹事の負担を軽減するために組織変更を行い、今期は組織部及び政策渉外部を部会とし、組織部の中に6委員会を設置することとします。
最後に、ここ数年会員数が減少している事実と向き合い、今年度のスローガンのもとに増強につながる会外との接点を結ぶ活動を意欲的に行い、会員が活動しやすい環境を作ることにより、会員数を70名とすることを今年度の目標とします。

◆支部方針と活動のポイント◆
(元支部の特徴であるアカデミックな支部活動を行う。
⊆禺蟆餔が参加しやすいような環境つくりと世代を超えた交流ができる場を作り出す。
6萋癸隠溝膤悗龍擬・学生との情報交換、更には行政や他の経済団体との交流を行い、同友会の存在価値を外部に発信していく。
げ餔一人一人が自社の経営に向き合い、自らの課題と解決に向かう意識と行動を行う。
ゼらの辞書の1ページとなる新たな仲間を現況から10%増やし、60名会勢とする。

>>>2017年度文京支部活動ビジョン
 

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6





Copyright(C)2005 東京中小企業家同友会 文京支部